釣れる魚たち

 

たくさんの魚たちに出会えます。

としまえんフィッシングエリアでは、常時5種類の鱒を放流しています。富士の流水で育った、生きが良くおいしい魚たち。
ルアーにも果敢にアタックしてくる、ゲームフィッシングの格好のターゲットたちです。

[ 練馬サーモン ]
「ニジマスの三倍体」という通常のニジマスよりはるかに大きく、更に赤身になるように養殖した魚を当エリアでは「練馬サーモン」と呼んでいます。今までの最大サイズは87cmととても大きく、釣りごたえ、食べ応えのあるとしまえんフィッシングエリア1番人気の魚です。
[ ニジマス(レインボートラウト) ]
北米原産の魚で、マスの仲間の中では日本で最もポピュラーな魚種です。虹色に輝く魚体は原産国でレインボートラウトと呼ばれている由縁です。激しいファイトやジャンプでルアーマン、フライマン共に釣り人に非常に人気の高いターゲットです。
[ ヤマメ ]
主に関東よりも北に生息しているサケ科の魚です。この魚が海で生活して戻って来るとサクラマスと呼ばれるようになります。非常に美しいパーマークが印象的な日本の渓流魚です。警戒心が強く、なかなか手強い魚ですが、ルアーフライ共に果敢にアタックしてきてくれます。
[ アマゴ ]
主に関東よりも西に生息しているサケ科の魚です。この魚が海で生活して戻って来るとサツキマスと呼ばれるようになります。ヤマメ同様、パーマークが美しく、そこにアマゴの特徴である鮮やかな朱点が混じります。習性はほぼヤマメと同様。ゲームフィッシングの格好のターゲットです。
[ イワナ ]
日本原産の渓流魚の中でも一番上流域を好む魚です。白い斑点が全体に散りばめられた美しい魚です。非常に獰猛で何でも食べてしまう大食漢ですが、性質は大人しく普段は川底などでジッとえものをまっています。
[ ブラウントラウト ]
大西洋、カスピ海沿岸の河川が原産のマスの仲間です。シューベルトの鱒はこの魚が題材になったと言われています。物陰に隠れて餌を待ち伏せするようなハンターの様な性質で、ファイトも激しいです。 ブラウントラウトと言われる通り、体は茶褐色で鮮やかな朱点を持っています。
[ ブルックトラウト ]
北米原産のサケ科の仲間で日本ではカワマスと呼ばれています。どちらかというとイワナの様な待ち伏せ型タイプの魚で、ミノープラグの様なルアーが効果的なことが多いです。魚体は緑褐色で全体的に細かな黄色の斑点があり側線付近は青朱点が散りばめられています。
[ アルビノ ]
アルビノとは、色素が欠損している個体のことを指します。体が白で目が赤いウサギは見たことありますよね。白で赤目のウサギは、茶色いウサギのアルビノなんです。当釣り場では主にニジマスとアマゴのアルビノを放流しています。